当社MIL規格の仕様

当社MIL規格の仕様

MIL規格は、各社社内規定により設定されています。外注への製作依頼時には便宜上、MIL 規格に換算して作図されています。しかし、MIL 規格(ミリタリースペック)は、運用された年代毎に仕様が変わる為、各社が採用した時期の違いで規格が異なってきています。
下記仕様は、MIL 規格での検査で依頼される内容を当社の社内規格としてまとめたものです。当社ではお客様から要求される外観規格の仕様を間違えないようにする為、お見積の段階で外観規格をμm 単位にてお知らせし、ご確認いただいております。

MIL規格とは別に、スクラッチ、ディグをμmで指定していただければそれを優先させていただきます。

外観検査用の表面品質比較判断プレートについてはこちらから

スクラッチ(キズ幅)の仕様

MIL規格は下図の通り、大きく分けて3種類が運用されております。
当社の標準は②となっておりますが、どの仕様にも対応させていただいております。

テクニカルの外観規格の仕様
テクニカルの外観規格の仕様

  • 許容限界寸法内キズ幅:上限10%
  • 計算上無視できるキズ幅:下限20%

1. 許容寸法を超えたスクラッチのある物は計算以前に不合格となる

実際の検査作業中に各々のキズ幅を測定することは困難な為、発見されたキズが外観欠陥見本のどのランクに該当するか、目視検査を行って判断する。極めて悩む時は顕微鏡で測定する。

2. スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含まない場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含まない場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含まない場合の計算

3. スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含む場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含む場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含む場合の計算

ディグ(ポツの直径)の仕様

テクニカルの外観規格の仕様
テクニカルの外観規格の仕様

  • 許容限界寸法内ポツの直径:上限10%
  • 計算上無視できるポツの直径:下限20%

1. 許容寸法を超えたディグのある物は計算以前に不合格となる

2. 許容限界内ディグ(許容限界寸法内のポツの直径)が2つ以上あって、その距離が20mm以上離れていなければ、不合格となる

3. 任意のΦ20の範囲内の中に上限(許容限界寸法内のポツの直径)を含んだディグがない場合、及び、1個だけ含んだ場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含む場合の計算
スクラッチの中に上限(許容限界寸法内キズ幅)を含む場合の計算

4. ディグの長さが幅の3倍を超えるものは、スクラッチとして取り扱うこととする
MIL規格には深さの定規がない。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

平面基板、プリズム加工など
製品その他のお問い合わせ

電話 0172-36-2525(代)(本社・工場) メールでのお問い合わせ

クロビットその他ご相談など
技術に関するお問い合わせ

電話 0172-88-6261(技術営業室) メールでのお問い合わせ

お打ち合わせ等のご相談など
営業に関するお問い合わせ

電話 03-6912-8731(東京事務所) メールでのお問い合わせ