接合[エア・ギャップ]・材料

接合[エア・ギャップ]・材料

目的に合ったさまざまな接合方法をご提案!

エアギャップ接合

ガラス同士の接合部に5μm、10μm、20μm程度の空気層(エアギャップ)を設けた接合方法です。これは空気層を作ることにより、光の入射角度の違いを利用して透過と全反射の両方の機能を持たせたプリズムユニットを構成することができます。

エアギャップ結合

極小コート付ビームスプリッタの接合

一辺が0.15㎜の極小偏光ビームスプリッタです。接合面は偏光ビームスプリッタとなっており、入出射4面にはARコートが蒸着されています。当社ではこのような極小のコート接合品を製作することができます。

微小偏光ビームスプリッタ

一辺が0.15㎜の微小偏光ビームスプリッタ

高精度接合

当社では高精度での貼り付けもいたします。角度精度、平行度は±3秒が可能です。一辺の長さが10㎜以上の大きさが必要です。ビームスプリッタだけではなく、様々な形状、角度や金属板への接合も高精度で行うことが可能です。

角度・平行度の厳しいビームスプリッタ

角度・平行度の厳しいビームスプリッタ
(一辺が10㎜以上)

UV接合

用途に合わせて様々なUV接着剤でガラス同士を高精度に接合します。右の写真はUV接合をした当社の特許技術「クロビット」です。

クロビット

クロビット

微小ミラー接合品微小ミラー接合品
1.3×1.3×2.9㎜

全面研磨無偏光ビームスプリッタ全面研磨無偏光
ビームスプリッタ

斜面ミラー接合品斜面ミラー接合品

エポキシ接合

ガラスの部品を装置に固定するためにガラスに固定金具を取り付ける際に使用します。当社ではガラスを金属などに接合してお納めする事も可能です。

エポキシ樹脂での接合エポキシ樹脂での接合エポキシ樹脂での接合エポキシ樹脂での接合

直接接合

オプチカルコンタクト

オプチカルコンタクトは高精度な平面同士を温度をかけずに直接接合します。接合面は光学面としての用途に使用可能です。

オプチカルコンタクトオプチカルコンタクト

溶着

溶着はガラスフリットを使い溶かして接合します。熱に強く強固に接合できます。ただし、接合面は光学用途にはあまり使われません。

溶着溶着

融着

融着はオプチカルコンタクトをしたものを温度をかけて分子間移動で一体化させます。熱に強く光学用途向きです。

融着

材料

一般光学材料

(株)オハラ社製の環境対策光学ガラスを中心に、多くの硝種の材料在庫を取り揃え短納期に対応しております。また、硝種の混入を防ぐ為、在庫の管理と材料の投入時に、比重測定をして硝種の確認を行うなど、品質管理に万全を期しています。

比重計

合成石英

一方向脈理フリー材、三方向脈理フリー材を、常時在庫として取り揃えております。

  • 硝材の均質性によっては、透過波面精度に大きく影響します。
  • 硝材に含有するOH基の量によってレーザー耐性に影響します。
  • 硝材に含有するOH基の量によって蛍光の有無に影響します。
  • 硝材に含有するOH基の量によって使用波長に影響します。

その他指定材料や材料保証の内容によっては、各メーカーから新たに見積依頼する事になります。

その他硝材

下記硝材については受注時に各メーカーから購入いたします。

  • 蛍石
  • シリコン
  • サファイヤ
  • ゲルマニウム
  • フッ化マグネシウム
  • セラミック
  • ジルコニア
  • YAG  他

お問い合わせはお気軽にどうぞ

平面基板、プリズム加工など
製品その他のお問い合わせ

電話 0172-36-2525(代)(本社・工場) メールでのお問い合わせ

クロビットその他ご相談など
技術に関するお問い合わせ

電話 0172-88-6261(技術営業室) メールでのお問い合わせ

お打ち合わせ等のご相談など
営業に関するお問い合わせ

電話 03-6912-8731(東京事務所) メールでのお問い合わせ