クロビットの照明方法

クロビットの照明方法

クロビットの形状やワークの表面状態や何を検出するかなどさまざまな要因があるため、一概にこの方法がよいという方法はありません。いろいろ試していただいているというのが現状です。ただ、クロビットを使わない状態で検出できない欠陥は、クロビットを使っても検出できませんので、まずはその欠陥はどんな照明を使いどのように光を当てることで検出できるかを事前に把握しておくことが重要です。

これまで、同軸落射照明やドーム照明などが多く使われています。ただし、同軸落射照明の場合には、ガラス表面での光の反射があるため、画像のコントラストが落ちます。このため、コスト高にはなりますがARコート(反射防止コート)をお勧めしています。
また、クロビット自体でも砂摺り面を光の散乱に利用したり、光路に使わない部分を透明にして照明光を透過させることも可能です。下図に簡単な照明方法の例を掲げますのでご参考にしてください。

クロビットの照明方法の例

照明付きクロビットフラット照明もしくはバックライト照明による両側からの挟み込み

同軸落射照明同軸落射照明

照明付きクロビットドーム照明もしくはリング照明

同軸落射照明とドーム照明またはリング照明との組み合わせ同軸落射照明とドーム照明またはリング照明との組み合わせ

世界初!オンリーワンの技術「クロビット」!

クロビットの照明方法
クロビットの価格・サンプルについて
ご相談の際の考慮事項
設計技術

クロビット一覧

マイクロ・クロビット 刃先クロビット カニ足クロビット
棒状クロビット 120度3分割クロビット 2回転反射クロビット
上下2面クロビット 円錐クロビット 複合クロビット
その他の使用例

お問い合わせはお気軽にどうぞ

平面基板、プリズム加工など
製品その他のお問い合わせ

電話 0172-36-2525(代)(本社・工場) メールでのお問い合わせ

クロビットその他ご相談など
技術に関するお問い合わせ

電話 0172-88-6261(技術営業室) メールでのお問い合わせ

お打ち合わせ等のご相談など
営業に関するお問い合わせ

電話 03-6912-8731(東京事務所) メールでのお問い合わせ