刃先クロビット

刃先クロビットによるワークの多面同時検査で、タクトの改善!

刃先クロビットは光路を90度折り曲げ、素通し正面の画像と側面の画像の焦点を合わせる機能を持っています。このクロビットはシンプルな機能ですので、以下のようなさまざまな組み合わせで使うことができます。

刃先クロビット

刃先クロビット

5面クロビット

5面クロビット

2面同時撮影

ワークの素通し上面の画像と側面の画像を同時に撮影することが可能です。フープ材のように連続したワークの上面と側面の検査やコネクタの内側の検査などによく使われます。
また、単純な使い方として穴の中の画像の撮影や、導光用としても広く使われています。
レーザーマーキングの場合も同様に使うことが可能です。レーザーの光路はfθレンズを通して放射状に照射されるため、光軸上にクロビットを置くことでクロビットを傾ける調整の手間が省けます。

2面同時撮影

3面同時撮影

ワークの側面の2面の画像と正面素通しの画像の3面を同時に撮影することが可能です。
ICの足のコプラナリティの検査などに使われています。この方式は、パーツフィーダーなどで整列されたワークが搬送される経路中でワークの3面を同時に1ステージで検査する場合の方式として良く使われています。
また、従来の装置の改造で検査ステージを増やさず検査面を追加する場合などでも使われます。

3面同時撮影

5面同時撮影

ワーク側面の4面の画像と正面素通しの画像の5面を同時に撮影することが可能です。この方式はワークをクロビットの中に挿入しなければならないため、吸着パットなどでワークをピックアップしてクロビットの中に挿入する方法が良く採用されています。
主にチップ部品などの検査に使われます。
クロビットが小さい場合、角穴の内部の清掃が難しくなりますので、微小なワークの検査にはあまり向きません。

5面同時撮影

世界初!オンリーワンの技術「クロビット」!

クロビットの照明方法
クロビットの価格・サンプルについて
ご相談の際の考慮事項
設計技術

クロビット一覧

マイクロ・クロビット 刃先クロビット カニ足クロビット
棒状クロビット 120度3分割クロビット 2回転反射クロビット
上下2面クロビット 円錐クロビット 複合クロビット
その他の使用例

お問い合わせはお気軽にどうぞ

平面基板、プリズム加工など
製品その他のお問い合わせ

電話 0172-36-2525(代)(本社・工場) メールでのお問い合わせ

クロビットその他ご相談など
技術に関するお問い合わせ

電話 0172-88-6261(技術営業室) メールでのお問い合わせ

お打ち合わせ等のご相談など
営業に関するお問い合わせ

電話 03-6912-8731(東京事務所) メールでのお問い合わせ